LOADING...

凍結検体更新のお手続き

皆様からお預かりしている凍結検体(受精卵、卵子、精子、培養液)の保管は1年間です。
保管終了が近付きましたら、検体の保管継続または廃棄のお手続きをしてください。

01

患者様ご自身で保管期限をご確認ください。

  • 凍結報告書または融解時にお渡しした凍結報告書をご覧下さい。保管期限が記載されています。
  • 上記報告書に期限が記載されていない場合は、凍結日から1年後が保管期限です。

02

保管が終了する約1ヶ月前にクリニックから患者様へ案内をお送りします。

  • 凍結受精卵・卵子は奥様、凍結精子は旦那様の名義で夫婦それぞれ更新手続きを行います。
  • 凍結検体の数に関わらず患者様1名につき年に1回手続きを行います。
  • 複数回にわたって凍結検体を保管している患者様は、最後に凍結した時期から1年後が期限です。
  • 複数回にわたって凍結検体を保管している患者様で、後に凍結した検体を使いきった場合でも、最終凍結日から1年後を期限とします。
  • 送り先は登録されている住所にお送りします。住所変更は速やかにお知らせください。
  • 宛先不明で手紙が戻ってきた場合でも、原則としてクリニックからお電話でお知らせすることはありませんのでご注意ください。

03

案内が届いたらお手続きをしてください。

  • お手紙の宛先は凍結された患者様のお名前とします。(受精卵・卵子は奥様、精子は旦那様の名義)
  • 差出人は『ロイヤルベルクリニック』でお送りします。
  • 現在治療中で保管期間内に全ての凍結検体を使用する予定の方は、お手続きは必要ありません。培養室にお電話していただき培養士に直接お伝えください。
  • 現在治療中で、保管期間内に新たに採卵して凍結した場合は、保管期限が最終凍結日に変更になります。培養室にお電話していただき培養士に直接お伝えください。

お手続き方法

A

保管を1年延長したい方

継続同意書の記入・ご提出

  • 継続同意書は必ずご夫婦それぞれの自筆でサインをしてください。
  • ご夫婦のどちらかが海外出張などで自筆サインができない、などの理由がある方は、クリニック培養室まで直接ご連絡ください。
  • 下記の事由に該当される方は、保管の継続はできません。
    • ご夫婦またはご夫婦の一方から廃棄の申し出があった場合
    • ご夫婦が離婚した場合
    • ご夫婦またはご夫婦の一方が死亡した場合
    • 奥様が子宮を失うなど、凍結配偶子・胚を利用できない事態が生じた場合
    • 凍結日から10年が経過した場合
    • 更新期日までに保管料が支払われなかった場合
    • 住所変更などによって、ご夫婦と連絡がとれない場合
  • 同意書を郵送される方で、郵便事故による同意書の紛失をご心配される方は、配達証明や書留郵便などを利用してください。


保管料のお支払い

凍結受精卵・卵子・精子:3万円+税
凍結受精卵+凍結培養液:4万円+税

  • 1年分の保管料を期日までにお支払いください。
  • 保管料はクリニック受付窓口またはお振込みでお支払いください。
  • クリニック受付窓口でお支払いの場合は、診療時間内にご来院ください。
  • お振込みされる場合の振込手数料は患者様のご負担とさせていただきます。
  • 領収書はクリニック受付窓口でのみ発行します。



クリニックで継続同意書と入金の2点を確認

  • 手続きに不備がある場合は記入されている住所に返送させていただきます。
  • 継続同意書と入金の2点の確認をもって、継続として処理させていただきます。
  • 一度お支払いいただいた保管料は返金できませんのでご注意ください。


    以上で手続き完了となります。保管を1年延長します。
B

凍結検体を廃棄したい方

廃棄同意書の記入・ご提出

  • 下記の事由に該当される方は、原則として凍結検体を廃棄いたします。
    • ご夫婦またはご夫婦の一方から廃棄の申し出があった場合
    • ご夫婦が離婚した場合
    • ご夫婦またはご夫婦の一方が死亡した場合
    • 奥様が子宮を失うなど、凍結配偶子・胚を利用できない事態が生じた場合
    • 凍結日から10年が経過した場合
    • 更新期日までに保管料が支払われなかった場合
    • 住所変更などによって、ご夫婦と連絡がとれない場合
  • 廃棄同意書は必ずご夫婦それぞれの自筆でサインをしてください。
  • 離婚した場合や、夫婦どちらかが死亡した場合でお二人のサインができないときは、その理由を同意書上に明記してください。
  • ご夫婦のどちらかが海外出張などで自筆サインができない、などの理由がある方は、クリニック培養室まで直接ご連絡ください。
  • 同意書を郵送される方で、郵便事故による同意書の紛失をご心配される方は、配達証明や書留郵便などを利用してください。

クリニックで廃棄同意書を確認

  • 同意書の記入ミスがあった場合は受理できませんので、再記入を依頼させていただきます。
  • 廃棄同意書をクリニックで受理しましたら、速やかに凍結検体を廃棄します。


    以上で手続き完了となります。保管を終了し廃棄します。

お問い合わせ先
担当:ロイヤルベルクリニック不妊センター 培養室 052-893-8553
月曜~土曜日 13~17時